お問い合わせ

都営新宿線 西大島駅A4出口より徒歩7

03-3684-0481

予防接種

予防接種

当院では小児(3歳以降)・成人向けの予防接種として、インフルエンザと肺炎球菌のワクチン接種を行っています。その他(水疱瘡、帯状疱疹など)のワクチン接種を希望される方は、ご相談ください。

インフルエンザワクチン

インフルエンザの予防対策には、こまめな手洗い、うがいなど様々ありますが、なかでも効果が高いと言われているのがインフルエンザワクチンの予防接種です。効果をより高めたいのであれば、接種時期が重要です。日本ではインフルエンザが流行する時期として、例年12月~翌3月頃であること、1回の接種による持続期間が約5ヵ月、また接種してから効果が出るまでに約2週間かかることなどから、12月中旬頃までに接種を受けることが望ましいとされています。

なおインフルエンザウイルスは、流行するタイプが毎年異なりますので、可能な限りは毎年受けるようにしてください。

肺炎球菌ワクチン

様々な病原体(細菌やウイルスなど)が肺の中へ侵入、やがて感染し、炎症を起こしている状態が肺炎です。そもそも肺には病原体がよく入り込むものですが、大半は感染することなく排除されます。しかし加齢(老化)や基礎疾患があることなどから免疫力が低下するようになると感染するようになるのです。

主な症状は、38℃以上の高熱、激しい咳や痰、呼吸困難、胸痛などです。なお、肺に感染する病原体は先にも述べたようにひとつではありませんが、成人が発症する肺炎の20~40%の原因菌は肺炎球菌と考えられています。そのため肺炎球菌ワクチンを接種すれば、肺炎球菌による感染の予防や万一感染して発症しても重症化が避けられるようになります。

なお、肺炎は日本人の死亡原因の第5位(厚労省:平成29年(2017)人口動態統計(確定数))とされ、肺炎で死亡する95%以上の方が65歳以上というデータもあることから、高齢者の肺炎球菌ワクチンは定期接種となっていて、費用の一部が助成されています。江東区においても高齢者肺炎球菌ワクチンの定期接種を行っています。
また、自費になりますが、プレベナーという、より抗体獲得力の強い、肺炎球菌ワクチンの用意もあります。

医院概要Overview

名称
小林クリニック
TEL
03-3684-0481
住所
〒136-0072
東京都江東区大島4-1-6-105
診療科目
内科・呼吸器内科・内分泌内科・小児科
院長
小林 功
アクセス
都営新宿線 西大島駅A4出口より
徒歩7分
駐車場有
◎:火曜午前は9:00~12:00
休診:火曜午後、土曜午後、日曜祝日
木曜午前枠は順天堂大学からの非常勤医師との併診となります
診療時間 日・祝
9:00~13:00
16:00~19:00
Page Top