お問い合わせ

都営新宿線 西大島駅A4出口より徒歩7

03-3684-0481

アレルギー科

アレルギー科

近年、気管支ぜんそく、アレルギー性鼻炎(花粉症)など、アレルギー関連の病気にかかる人がたいへん増えて来ました。アレルギー物質によって引き起こされる、気管支ぜんそく、アレルギー性鼻炎(花粉症を含む)などの診断や治療を行います。 気になるアレルギー性の症状、またはアレルギー性の可能性がありそうな場合は、お気軽にご相談ください。当院では、抗体製剤での対応も、必要に応じて行なっております。

アレルギー性鼻炎

アレルギー性鼻炎(花粉症を含む)は、花粉やハウスダストが鼻や目の粘膜に触れることによって刺激されて起こる鼻炎で、くしゃみ、鼻水、鼻づまり(以上が3大症状)、目のかゆみなど、風邪の初期症状と似た一連のアレルギー症状を呈します。 その他にも、咳、皮膚のかゆみ、下痢、熱っぽい感じ、体や顔のほてり、イライラ感、ぐったりするなど、体のいろいろな部位に多様な症状が起こります。
なお、アレルゲンとしては、スギやヒノキの花粉がよく知られていますが、これら以外にもアレルギーを引き起こす植物には、カモガヤ、ブタクサ、ヨモギほか、たくさんの種類があります。

舌下免疫療法

スギ花粉症とダニ(ハウスダスト)アレルギーの治療法の一つに、アレルゲン免疫療法があります。スギ花粉とダニ、いずれの免疫療法にも対応しております。
近年、舌の下に治療薬を滴下する「舌下免疫療法」が登場しました。 スギ花粉やダニを含むエキス(治療薬)の量を少量から始めて徐々に増やし、アレルギー反応を起こさないように仕向けていき、スギ花粉症やダニアレルギーを治癒に導く治療法です。治療をご希望の方はご相談ください。

食物アレルギー

食べ物が原因となって引き起こされるアレルギーのことを“食物アレルギー”と言います。食物アレルギーの症状は、じんましんなどの皮膚症状、喘鳴(ゼーゼーする)などの呼吸器症状をはじめ、目や鼻、消化管などにおける症状も見られます。

原因となる食べ物には、鶏卵、そば、魚、乳製品、エビ・カニ、小麦、ピーナッツ、大豆などが知られています。原因となる食材はいろいろな検査で見つけ出します。原因となる食材を見つけることができたら、治療は原因となる食材をアレルギー症状が出る間は除去します(食物除去)。 原因となる食べ物を少しずつ食べていくことで、その食べ物が食べられるようにする方法が採られることもあります。
薬物療法としては、抗アレルギー薬をしばらく用いたりします。なお、乳幼児の場合には、成長とともに消化管機能が成熟し、消化力が発達して、次第にアレルギー症状が軽くなり、原因食物が食べられるようになるケースもよくあります。

医院概要Overview

名称
小林クリニック
TEL
03-3684-0481
住所
〒136-0072
東京都江東区大島4-1-6-105
診療科目
内科・呼吸器内科・内分泌内科・小児科
院長
小林 功
アクセス
都営新宿線 西大島駅A4出口より
徒歩7分
駐車場有
◎:火曜午前は9:00~12:00
休診:火曜午後、土曜午後、日曜祝日
木曜午前枠は順天堂大学からの非常勤医師との併診となります
診療時間 日・祝
9:00~13:00
16:00~19:00
Page Top